ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

酒井冬雪氏の日経BPのコラム絡みで騒動が

職場のモテ男になるコミュニケーション術 第5回 結婚できない男
http://premium.nikkeibp.co.jp/mail-sol/column/sakai/05/

酒井冬雪氏の記事は正論を言っていると思う時もあるけど、とにかく「女性にやさしく」という同じパターンなのであまり関心は抱かなくなったんだけど、このコラム絡みでブログのほうでひと騒動あったようだ。

No Milk Today: Sの原点
http://sakafuyu.blog.ocn.ne.jp/weblog/2006/10/post_99e8.html
ウェブ魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://sakafuyu.blog.ocn.ne.jp/weblog/2006/10/post_99e8.html&date=20061021141000

ここのコメント欄から推測するに、コラム絡みでブログにコメントがたくさん書かれ、それに対して批判記事を書いたものの、またコメントが殺到したため、その記事は削除、コメントもかなり削除したようだ。


もともとの日経BPのコラムは、よくできた母親のせいで結婚相手の女性の理想が高くなった男性の話なんだけど、酒井氏自身も父親のせいで男性への理想が高くなったと書いている。

【コラム】理系のための恋愛論 第24回 サカイフユキが男性に厳しいワケ (MYCOMジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/column/rikei/024/
でもねえ、生まれてはじめて出会って、ずーっといっしょに生活してきた男(父)を今さら「基準と思うな」といわれても、時すでに遅しってやつで、父の予言どおり、わたしは、それから、男性問題で痛い思いをするのでした。痛い思いをしながらも、
「おかしい…。世の中の男性はもっと女のコに責任を感じ、やさしく、冷静に、大人な態度で接するべきだ。表面的にももっと、レディファースト精神を導入し、女性を尊敬すべきである」という、己の信念はなかなか曲げられなかったのです。ああ、あのような父をもったわたしのような女が、男性に対して非常に厳しくなってしまうのはいたしかたない気がしてきました。

この人は親子の愛情や兄弟の愛情といった肉親の愛情と男女関係を一緒くたに考えるから、変な話になりがち。

【コラム】理系のための恋愛論226回 やさしさの配分 (MYCOMジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/column/rikei/226/

このコラムでも、兄と妹のやさしさと、恋人へのやさしさが完全に地続きになっている。兄の恋愛を邪魔する妹のことがまったく批判されないのもすごい。
また、理想といえば、こんなことも書いている。

【コラム】理系のための恋愛論 第97回 理想の人はどんな人? 男女関係の厳冬期の乗り越え方 (MYCOMジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/column/rikei/097/
酒井冬雪です。私の理想は二の腕が太く筋肉隆々で、勉強ができてアタマがよくて、やさしくて家事ができて、無口で運動神経がよくて、お坊ちゃまタイプの人です。もちろん、彼の家族は私を大いにかわいがってくれなくてはいけません。と、友人Yにいったら、「身のほど知らずにも限度があるよね」といってなぐられました。暴力もキライです。では、またね。

記事でネタにされている男性と同じじゃん!(笑) 「理想が高いから結婚しない」は男女双方であるんじゃないのか。

Hagex-day.info - 本日の炎上ブログ
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20061020#p1

ここによれば、2ちゃんねるのニュース速報板が震源らしい。


最近の日経BP白河桃子氏といい、この手の「結婚、恋愛できないのは男性のせい」ネタ好きなんだろうか。ドラマでも人気あったし、社会全体での傾向なのかもしれないけど。
個人的には、30代後半のバブル経験世代の女性はアレな人ばかりという偏見が形成されてる…。はてダ界隈でよくネタになってた神田お姉さん(http://otokoryoku.livedoor.biz/)も世代は違うけど、バブル憧れ人だしなあ。

白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第3回) (Working Woman キャリアセレブ塾):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060825/108657/
痛いニュース(ノ∀`):【未婚負け犬女】「日本女性の進化に男性がついてこれず」「マンガ雑誌片手に牛丼食べる男はダメ」「女性が"年収600万超男"望むも、そんな男は4%程度」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/784817.html
白河桃子は超一流のファイアライターだ-ファイア ラウンジ☆すこぶる丁重
http://yaplog.jp/yuichi_f/archive/66
Kojii.net ココログ別館: 白河木兆子氏と第五世代戦闘機のガイドライン
http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_f0bc.html

あとこのコラムもなんか微妙。

U35男子マーケティング図鑑 (U35男子マーケティング図鑑):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20060911/109582/


この流れでニュース速報板を見ていて見つけたナイスコメント。

【論説】 「結婚できない男、"理想の女性"が中学時代のまま。女性に合わせて尽くす人間になるべき」…モテる男性論★9
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161422470/57
57 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/21(土) 18:52:57 id:oz3B6PtJ0
>>50
オレなんか、一週間同じ女をスキでいることが
できないから、ふられたことがない。

素晴らしい護身術だ!

I 慣性という名の惰性 I - で、どうも最近の日経ビジネスとかBPのスタンスが癇に障る
http://d.hatena.ne.jp/ryozo18/20061020/1161289458
ようはこの手のコラムとかって「当事者=若者」に向かって「あなたたちの問題の原因はこれこれで解決のヒントはこんな感じ」といったことを伝えたいんじゃなくて、「中高年」に向けて「やっぱり最近の若者はアレですな、昔の価値観をいっぺんガツンと叩き込んでやらんといかんですな、あっはっは」というメッセージを伝えているということなんじゃないか。それも当事者に近いと思われるコラムニストを引っ張ってきて。
日経OFFが「中高年への不倫の勧め」雑誌としたら、日経ビジネスは「中高年向けバックラッシュマンセー」雑誌なのかもしれない。

これにヒザポン。