ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『川の深さは』福井晴敏

ブックオフでなんとなく買って、読み始めたんだけど、オウムのテロがモデルになってたりしていて面白い。
この人の小説は『亡国のイージス』しか読んでないんだけど、いつもアツい男が主人公なのかなあ。
小説の中では、地下鉄に爆弾を仕掛けて200人ぐらい死者が出るテロが起きるんだけど、スペインのテロの後だけに妙なリアリティが…。