ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『東京トイボックス』がニコニコ静画で無料公開中

東京トイボックス 新装版 (1) - ニコニコ静画 (電子書籍)[↑B]
東京トイボックス 新装版 (2) - ニコニコ静画 (電子書籍)[↑B]

東京トイボックス(1) (バーズコミックス)

東京トイボックス(1) (バーズコミックス)

東京トイボックス(2) (バーズコミックス)

東京トイボックス(2) (バーズコミックス)

東京・秋葉原の弱小ゲーム制作会社、スタジオG3。社長は「面白いゲーム」を作ることに全てを賭ける男・天川太陽。東京・大手町の大企業のキャリアOL、月山星乃。その仕事ぶりは誰もが認めるやり手。そんな二人がある日最悪な出会いを果たし、その上月山がG3を立て直すべく出向させられることに!! 「売れるゲーム」を求める月山と理想を追求する太陽、そして大手ゲーム会社による画策…。働くオトナたちの青春を描く熱血ゲーム業界物語。「大東京トイボックス」へと続く原点、ここにスタート!

ニコニコ静画の紹介より)
ゲームが好きな人はもちろん、仕事漫画としても楽しめる『東京トイボックス』が、ニコニコ静画で無料公開されている。期間限定となっているがウェブの方だと期間ははっきりしない。iPadアプリの視聴期限を見ると12月24日まで。ニコニコ静画iOSアプリだとダウンロードして読めるので便利。
ゲーム開発漫画なんだけど、実は三角関係を描く恋愛漫画でもある。巻末おまけ漫画の「つきやまちゃん」は恥ずかしいぐらいに微笑ましい漫画である。登場人物は大人だけど、非常に甘酸っぱいというか青春というか、そんな恋愛が描かれている。
昭和40年代生まれなら、キャラクター紹介ページや巻末のデータベースのネタなどにニヤニヤすること間違いなし。
自分は講談社版のコミックスを持っていて、新装版の幻冬舎版は買ってなかったんだけど、特に違いはないのね。
※追記

作者のうめ氏から、講談社版と新装版はここが違うとツッコミがあった。
あと巻末のデータベースも新装版での追加だった。