ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

W-ZERO3のプログラム実行用メモリ

実行用メモリが足りない事態がよく発生するので、DOS時代のように実行用メモリの節約をせねば!と思って、常駐ソフトを避けている。常駐はタスク管理ソフトのMagicButtonのみ。最初、GSPocketMagic++を使っていたけど、どうもこれのせいでフリーズしている事が多いような気がしたし、タスク切り替えが不便なので変えた。
[es]プログラム実行用メモリ使用量 (女性管理職の癒し癒され[es]ダイアリー | Women's[es] official blog)
[es]だと27MBも空いているのかー。初代だと20MBぐらいしか空きがない。違いは無線LANのドライバー?
SOHO MIND ≫ W-ZERO3をozVGAでリアルVGA化
Shu-Style(W-ZERO3 Style):【W-ZERO3】real VGA化のメリット
realVGAするとメモリが空くらしい。といっても1MBか…。ファイラーやメニューの情報量は増えるのはいいんだけど、この手のことをやるとあとが面倒だったりしそうなのが。
miniSDに入れたアプリの起動速度アップのためにディスクキャッシュメモリを確保する人もいるけど、よほどデータを必要とするアプリ(たとえば2chブラウザ)でもない限り、miniSDにアプリは入れないつもりなので、これはやってない。
動作が速くなるというので、フォントキャッシュを増やしたのに、実行用メモリが変化しなくて謎。