ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『涼宮ハルヒの憂鬱』谷川流著

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
前から読もうかなーと思っていたけど、仕事の絡みで挑戦。饒舌な一人称は特に気にならずにさらっと読め、それなりに楽しめた。けど、積極的に読みたい!と思うほどではなし。
自分のライトノベルの読み方は、たまーに新しいのを読んでみたくなる時期があって、それが過ぎると興味を持たない時期が続くというスタイル。ライトノベルというジャンルに特別な思い入れはないのです。