ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

「馴れ合いUZEEE!」と言う方がバカに見える空間

馴れ合いやオフレポートについて触れている日記を読んで。

mixiを使い始めて思ったんだけど、ソーシャルネットワークは、「見られる人は制限されている」から、「馴れ合いUZEEE!」という人の方がバカにみえる場所だった。はてなみたいに、誰でも見られる場所だと、「公開の場」という意識が働くので、「馴れ合いUZEEE!」が通じてしまうという。

オフラインで人(特にネットで知り合った人)に会ったら、オンラインでそのことを書かないといけないという意識のあることが問題な気がする。そういう意識を働かせてしまうのが「Web日記」という言葉の魔力なのかもしれないけど。
どこかのWeblogで、Weblog持っている人同士が会った時、次の日に会ったことが書いてないとなんか寂しい、みたいな発言を見かけたんだけど、これも上の意識からくるんだろうなあと。

いろいろ加味した結果、プライベートの会話を元に公開の場で文章を書く時に、誰の発言なのかというのは書かないようになった。