ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

Weblogと2chを比較する言説

Weblog関係のキャッチーなテーマとしてWeblog2chの比較というのがあるけど、興味深いものがあったのでちょっとメモ。
http://amanoudume.s41.xrea.com/cgi-bin/mt/archives/000096.html

実際、有名なBLOGの人の中には、(直接否定的な記事を書くのは避けるけれども)2chに対してネガティブな言い回しをする人がかなりいるんですよね。「もう2chは古い」「2chから新しい物は生まれない」「2ch性悪説」「2chのようなところから」「2ch性善説的なツールが使われるとどうなるのか」などなど……。

http://amanoudume.s41.xrea.com/cgi-bin/mt/archives/000212.html

BLOG網の発達という変化に対応できていない情報露出体制
この1年ほどの間に、ネット上の言説活動は2chが空洞化しつつあって、積極的に情報を発信する人たちはその外に移住して、BLOG網をきずいている。そういう層は相対的にロジカルな説得力を好むから、ただのサプライズでは動かしきれない。ちゃんと1つずつステップをふむ必要がある。

逆な印象を受ける文章なんだけど、同じ人が書いている。前の文章は今年の2/27で、後のは10/28のもの。前の記事は後のような記事を自分で書くことを予言して、自分で自分をネタにしているのかもしれない。高度だ。なんというか、断言する人ほど変わるもんだなーと思った例だった。
Weblog関係の言説は木村剛氏の「ブログはマスコミに報いる庶民の一矢だ!」(http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2004/11/post_47.html)といい、二項対立させる人が多い気がする。
※その後の反応
http://amanoudume.s41.xrea.com/cgi-bin/mt/archives/000216.html