ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

Wunderlistが落ちて考えたクラウドサービス依存への恐さ

WunderlistはToDoサービスとして、欲しい機能がありシンプルなサービスとして気に入っており、3年ぐらい使っている。以前はRemember To Milkを使って挫折したが、RTMはやっぱりインターフェイスが変態過ぎだとつくづく思う。
さて、昨日14日の朝、いつものように携帯端末からWunderlistにタスクを入れ、同期しようとしたら、同期ができない。最初は自分の通信環境の問題かと思ったが、昼になってもできない。Twitterで検索してみると、やはり使えないという人がいて、サーバーが落ちているのがわかった。
「Wunderlist」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索[↑B]
まあ、しょうがないかーと思っていたら、なんと夜になっても復旧しない。結局今日15日になってやっと復旧したようだ。丸一日落ちていたことになる。クラウドサービスが落ちているのは何回か見たが、こんなに長期に渡って落ちているのは初めて見た。
昨日は1日PCを使える環境ではなかったので、携帯端末を最新のデータとして見れば問題ない状態であったから、実用的には特に困らなかったのだが、やはり同期してくれないというのは不安が残る。これがPCでもToDoを確認したい状況だったら、ストレスがかなりたまっていたことだろう。
最近はスケジュールはGoogleカレンダーなど、いろいろな面でクラウドサービスに依存しているが、サービスが落ちると非常に困るというのを実感した。
なお、ここを見るとサービスの状況がわかるらしい。
http://status.wunderlist.com/
以上、こういうトラブルはITニュースサイトがネタにするのかと思ったら、どこもネタにしてなかったようなので、中身は大してないが記録として書いてみた。