ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『年収200万円台でも買えるフェラーリ購入術』がすごそう

年収200万円台でも買えるフェラーリ購入術 (NEKO MOOK)

年収200万円台でも買えるフェラーリ購入術 (NEKO MOOK)

近所のコンビニで、店の外側に向かって陳列されている雑誌の中に『年収200万円台でも買えるフェラーリ購入術』というのを見かけたのだが、あの場所にある雑誌は手に取れないので中身は確認できなかった。*1
で、検索してみたら、Amazonに面白いレビューが。

この本は最初の方で、「貧乏なら貧乏なほど、フェラーリを買えばシアワセになれるのである」と断言しています。
まずフェラーリを所有することがどれほど麻薬じみた多幸感をもたらすかをフェラーリウンチクと共に解説。
そして実際に年収200~からで購入した人がいかに幸せかの実例を紹介。
ちょっと修行僧のようですが。
フェラーリのために昼は弁当かコンビニおにぎり一個、大事なフェラーリは雨の日、ホコリのとぶ風の日は乗らない、車庫まで電車で移動、車内カーペットのビニールを取らない、などエピソード掲載。
それもシアワセのスパイスだと言わんばかりに、その後は延々とフェラーリの素晴らしさを、「金を出せば買える幸せだ!夢だ!」と猛烈に主張。
夢の実現、成功例として面白い読み物でした。
フェラーリや車に興味ない人も、異次元のSF、ファンタジー、小説と思って読めば感動するかも。

フェラーリは宗教であった!!
車庫まで電車で移動ってもはや乗り物じゃないな…。

*1:そもそも、あの手に取れない雑誌の面出しは何のためなのか謎である