ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

タイムリープのサスペンスドラマ『僕だけがいない街』


最近お気に入りの漫画なのだが、現在Kindleで280円のセール中だから、多くの人に読んでもらいたいと思って紹介。
※セールは27日(木)のPM11:59まで
最初に知ったのは朝日新聞での南信長氏の紹介記事。南信長氏は『ナチュン』などあまり注目されてない段階から気になる漫画を紹介することが多いので、この漫画も気になっていた。
僕だけがいない街〈1〉 [作]三部けい - 南信長(マンガ解説者) - コミック | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト[↑B]
タイムリープの能力を持つ主人公は幼少の頃にあった誘拐殺人事件がトラウマとなっているのだが、ある大きな事件のせいで、事件が起きた頃にタイムリープしてしまい、事件を防ごうとする話なのだが、先の展開が気になるサスペンスの部分だけではなく、主人公と母親のぎこちない関係や、主人公と誘拐されて殺されてしまう女の子との距離の近づき方など、人間関係の描写がうまく、複合的な魅力があるお話しとなっている。
当然続きが読みたくなるだろうが、2巻はKindleではまだ発売されておらず、コミックのように続きものがすぐ出るものの場合、電子書籍だと続きがなかなか出ないというのが難しいところだ。
紙版は既に買っているのだが、応援の意味でKindle版も買ってみた。
まったく推薦していない帯が話題。「僕だけがいない街」の伏線がスゴイ - NAVER まとめ[↑B]
「僕だけがいない街」2巻発売タイミングでジワジワと拡大中。書店中心に応援委員会も | nelja[↑B]
こちらは紙版。この漫画、Twitterとか読書メーターのような短文の感想ばかりで、ブログのような長文レビューを意外と見かけないので、検索で見つけたブログの記事をリンク。
「ネットで話題」という話だけど、昔だったら、「ネットで話題」というのは、いろいろなブログで感想を書かれることだったのになーと勝手に感慨にふける。
正直どうでもいい [漫画]物語に惹きこまれっぱなし!運命を変えるSFサスペンス『僕だけがいない街』2巻[↑B]