ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

「○○がついてないから買わない」

新製品、特にデジタルガジェットの新製品が出ると、よくこういう発言をネットで見かけるのだが、こういうことを言う人は、別に○○がついたからといって大体買わないんだろうと思っている。
たとえば、ニコンのD600はシャッター速度が1/4000なのだが、一つ上のモデルであるD800が1/8000なので、ちょっとだけ性能が下がっており、これを理由に買わないという人がいる。しかし、前製品のD700はシャッター速度が1/8000であっても、こちらはISO200スタートで、D600はISO100スタートだから、実質的には同じ性能であった。だから、ニコンもシャッターユニットの強度を無理に上げず、価格を下げるための工夫として、この性能にしたのだろう。現実的に1/4000秒のシャッターが必要な状況というのは稀であり、それを理由にどうしても自分の求める性能でないというのなら、一つ上のモデルであるD800を買えばいい訳で、そうでないのなら、単に欲しくても買えないから、買わない理由を適当に見つけているだけだ。
競合製品との詳細な比較をしたブログの記事を書いているような人なら、また違うかも知れないのだが、Twitter掲示板などでの気軽に書ける場所での「買わない」発言は、ユーザーの意見というよりも、当人の立場の表明でしかない。
あ、iPad miniRetinaになったら買う、みたいな、将来的に望む性能の新モデルが出るのが予想される場合の「買わない」は本当だと思う。

と思ったら、こんなツッコミが。ありそう…!