ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

東京の地下鉄のトンネルは江戸幕府が建設していた

軍事施設を結ぶ!? 大東京の地下に眠るミステリー [↑B]
タイトルを見た瞬間、秋庭俊氏だろうかと思ったら、やっぱりそうだった。で、久しぶりに読んだら、なんか妄想がパワーアップしてる!

 古文書と古地図を独自の観点から読み解いてきた秋庭氏。同氏によると、トンネル網は江戸幕府が街の整備に合わせて築いてきたという。江戸幕府の開設は1603年なので、400年以上前から建設が進められていたということになる。しかし、それを説明する秋庭氏は妙に冷静だ。
 「それほど驚くことではありません。トンネルを掘るというと大変な工事のようですが、実際には長い屋根付き廊下のようなものを建て、その上に土をかぶせたようです。つまり、江戸の街は地下トンネルの上に築かれた『2階』にあるということです」
 では、なぜ地下トンネル網を作ったのか。
 「17世紀の西洋では砲台を使った戦術が確立していたのですが、その核となったのが砲台や弾薬、兵隊の移動に用いる地下通路の整備でした。一方、江戸は徳川幕府にとって、江戸城を中心にした軍事拠点です。そこで、街全体を巨大な要塞に見立てて地下網を築いた、と考えられます」

た、助けてー。

 本日は、大東京の地下にミステリーが眠っているというお話。一説によると、東京の地下には江戸時代から幕府の軍事用トンネル網があり、明治から昭和初期にかけて拡充され、その一部が現在の地下鉄に転用されたという。疑惑の目で地下鉄に乗ると、たしかに奇妙な場所がチラホラ。“秘密トンネル説”も単なるトンデモ話とは思えなくなるのだが…。4月1日ですが、エープリルフールネタではありません。

まさにエイプリルフールにふさわしいネタだと思われます。
エイプリルフールに、トンデモネタの記事を出して、4月1日だけどエイプリルフールネタではありません、と主張するのが流行するかもしれない。
秋庭俊氏の陰謀論の困ったところって、実際に困る人が地下鉄関係者しかいないので、みんな他人事として面白がれる。
※関連
地下妄の手記 - トップページ[↑B]
まとめサイトないのかなーと思ったら、2ちゃんねるの鉄道板のスレをまとめたものがあった。秋庭氏は著作権関連でもいろいろ危ない橋を渡っている模様。
ARTIFACT ―人工事実― | 『帝都東京・隠された地下網の秘密』要約[↑B]
地下妄の手記 - 批判者であること[↑B]
このまとめサイトで知ったけど、不思議ナックルズで大泉実成氏が秋庭俊氏をインタビューして、「一部のオタクに批判されて困っている秋庭俊氏」みたいなニュアンスで記事が書かれているそうだ。大泉実成氏は好きな方だけに、ちょっと残念。ただ、この地下妄の手記での批判記事も、よくわからない人物名が出てきたりして、外部の人間が読むと何だかよくわからないところがもったいない。
最後はネタで落としておこう。
東京些末観光: 東京の侵略がはじまっている![↑B]