ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

プロのブログ潰し屋について

finalventの日記 - ま、軽い気持ちでレスっていうか[↑B]

ここは微妙に難しい。Gigazineさんのようなサジェスチョンもあるかと思うが、これもべたに言うけど、プロの潰し屋や潰し集団がブログの世界には存在する、ある一定水準になるとこいつらが立ち上がる。結局は、こいつらとどう向き合うかということになる。この場合の一番大きな戦略は、彼らの本質を利害集団だと喝破することだ(もっともそう書かなくなよ)。

finalventの日記 - ぶくまで知ったのだけど、ブログが終わるときというか[↑B]

そういえば先日、ブログの潰し屋がいるよみたいな話をちと書いたら、妄想だよみたいなコメントがあったげ。あはは。妄想だったらいいのにね。というか、こんところの嫌がらせコメントというか、おめー文章下手とか、ご愛敬です。

「妄想だったらいいのにね」とまで書かれているので、ちゃんとレスしてみる。finalventさんのような人が言ったら、本気にする人もいるのだろうと思うので。
「文章下手」というような名無しさんのコメントを「潰し屋だ」と言うのなら、自分なんかもう何回潰し屋がきたかわからない! でも、そんなコメントは単なる通りすがりの書き捨てコメントであって集団ではない。
ブログにコメントが集中する時(俗にいう「炎上」)というのは、いろいろなところから人が集まってきて、お互いは知らないのに連携が取れているようなコメントをしてくる。これらを見て、ネットをあまり知らない人がコメントしていくる人たちを仮想の集団として見てしまうというのはわかるんだけど、finalventさんのようなネット経験が長いであろう人が何故そんなことを?と疑問に思ったので、ブックマークで疑問を呈した。
特に意見がわかれやすい政治話題、特に歴史認識問題などは、炎上しやすいし、粘着っぽく連続コメントする人が出てくるのはよく見受けられる。finalventさんはそういった話題によく言及するから、そういった人が多くブログにくるのではないだろうか?
個人サイトを続けて、かつ読者が増えてくると、粘着さんが増えてくるけど、よほどのこと(個人情報をばらまこうとするとか)がない限り、スルーするしかないと考えてる。