ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

SF小説で新人発掘能力が下がっていった理由

万来堂日記2nd - そのようにしてライトノベルは終息していく

私はライトノベルの良きファンとは言いがたいのだけれど、外野席の一SFファンから見るとライトノベルの強さってのは、その卓越した新人発掘能力に負うところも大きいと思うのである。
実は、日本でSFが「冬の時代」を迎えたとされる90年代、SFに一番欠けていたのがこの要素だった。

というのに対して「新人発掘能力はどうやって下がっていくんだろうか」と書いたら、
万来堂日記2nd - kanoseさんの宿題は、私よりもひとつ上の世代に答えて欲しいっすね
と言われてしまった! 識者の意見を聞きたいところだ。
新人のデビューの経由も分析すると面白いかもしれない。ファンダムでの活動で見出されたとか、普通に投稿で受賞したとか。
コメント欄にあったけど「SF全盛期は書く場所がなかったからみんなSFにいった」というのはありそう。時代が進むにつれて、才能の分散が。小説でも音楽でも表現活動全般にいえることなんだけど、そういった表現活動をしたい層は一定の割合でいて、その時々の流行によって、どこに向かうかは変わるんだろう。