ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

携帯の電子書籍ビューアー

携帯の電子書籍ビューアー事情を調べてみた。

【第13回東京国際ブックフェア2006 Vol.1】目下、急成長中!? ケータイ向けコミックの今をレポート
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2006/07/06/663303-000.html?geta
携帯電話向け電子書籍は大きく分けて、(株)ボイジャーの“.book(ドットブック)”、(株)セルシスの“ComicSurfing(コミックサーフィン)”、シャープ(株)の“C-XMDF”という3つのファイル形式が存在している。
携帯電話向けにコミックを配信するためには、小さな画面でも見られるように1ページの原稿を複数の画面に切り分ける必要がある。場合によっては自然に見せるために画面をスクロールさせるような加工も行なう。

簡単な状況としてはこんな感じで、最近このbookとComicSurfingが合体して、BookSurfingという形になったという。

インフォシティ モバイルソリューション BookSurfing(ブックサーフィン)〜3キャリア対応・携帯電話向け総合電子書籍ビューア〜
http://www.infocity.co.jp/booksurfing/
BookSurfingとドットブック
http://www.voyager.co.jp/booksurfing/index.html

ComicSurfingについての詳細。

セルシス: CELSYS MOBILE SOLUTION | モバイルソリューション
http://www.celsys.co.jp/solution/index.asp

ComicSurfingで読めるデータはComicStudioEnterpriseというオーサリングシステムで作れるのだけど、Enterpriseというだけあって、これをみるとオーサリングシステムが大変高い。

セルシス: モバイルソリューション > ビジネスモデル > 基本ソリューションメニュー
http://www.celsys.co.jp/solution/biz_model/basic.html

1〜3ライセンスなら1ライセンス800,000円! 月間での保守もあり、そもそも個人では購入するのは無理そうだ。
現在携帯は公式サイト中心で企業中心だが、今後勝手サイトも増えていって、個人ががんがんいろいろなものを提供するPC的な世界になることも予想される。企業による課金を前提としたシステムから、無料でいろいろ楽しめる世界に。その時に、BookSurfingのような企業向け電子書籍フォーマット以外に個人製作向けのフォーマットが出てくるんではないだろうか。