ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

YouTubeにアップされた動画でバージニア州の共和党議員の人種差別発言が広まる

YouTubeの社会的影響を示す事件として面白かったのでメモ。
8/11に共和党のジョージ・アレン上院議員が、選挙集会でビデオカメラを回していたインド系の青年に対して、「この男、マカカは、我々を追いかけています」「マカカを歓迎しましょう、アメリカにようこそ」と聴衆に紹介。「マカカ」はサルを意味し、欧州の一部でアフリカ移民に対する差別語として使われてた。
学生はインド移民の子でアメリカ市民だったが、実は対立候補である民主党のジェームズ・ウェブ元海軍長官(民主党)陣営のボランティアスタッフで、ライバルの偵察をしていたのだった。こういった対立候補を追い回して、失態を記録する人たちを「トラッカー(追っかけ)」と呼ばれているという。この発言の映像がYouTubeにアップされて話題を呼び、主要メディアでも取り上げられた。

YouTube - Allen's Listening Tour
http://www.youtube.com/watch?v=9G7gq7GQ71c

現時点で28万回参照されてる。8月の時点では20万回だったようだ。

U.S. FrontLine 対抗馬つぶすにゃ刃物はいらぬ〜YouTube映像があればいい
http://www.usfl.com/Daily/News/06/10/1013_022.asp?id=50923
'06米中間選挙MSN毎日インタラクティブ '06米中間選挙:最後の攻防/5止 バージニア州 人種差別発言で混とん
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/senkyo/news/20061021ddm007030089000c.html
インターネットの力|気になるニュースと話題 とりあえず言っとくBOOK
http://scrapbook.ameba.jp/ousamanomimihadanbo_book/entry-10016113215.html
World Blog Watch マカカ舌禍事件:上院議員に「サル」と呼ばれた大学生
http://wbw.blog13.fc2.com/blog-entry-103.html
YouTubeで公開される政治家の暴言、暴走! | 事典ドットコム
http://www.jiten.com/index.php?itemid=4595