ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『イキガミ』を読んだけど期待したほどではなかった

イキガミ―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)

イキガミ―魂揺さぶる究極極限ドラマ (1) (ヤングサンデーコミックス)

ヤンサンWEB−連載作品紹介−イキガミ
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/ikigami.html

書店のPOPでちょっと興味を持って、すでに出ていた単行本二冊を買ってみた。『バトルロワイアル』的な国家が国民に理不尽な死を宣告する話らしく、そういうのは興味ある方だったので。
国家繁栄維持法という法律が制定された架空の日本で、小学校に入学する時、千人の一人の確率で特殊なナノカプセルが注入される注射をされる。このカプセルは18歳から24歳の間に破裂し、死に至らしめる。それによって、生の尊さを実感させようというのが、国家繁栄維持法の目的。主人公は、このカプセルが注射された人間に告知を届ける役人で、主人公の目を通して、この死に至る人たちを描く。
3話で1エピソードが構成されているんだけど、最初に提示されたそのエピソードの設定から予想される話より深いところまでは描かれることが少なかった。長さの割に、さらりと読めてしまって読後に残らないという。もうちょっと情報量があってもいいんじゃないかなあと思ってしまって、読む前に抱いた期待ほどではなかった漫画。なんか深夜でドラマ化されそうな感じはする。

まんがたうんイキガミ間瀬元朗 小学館 週刊ヤングサンデーで連載中
http://www.mangatown.mainichi.jp/portal/special/tsubuyaki/contents/041.html