ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

「君の話し方ってハルヒのキョンみたいだよね」というのは少なくとも誉め言葉ではない

ある人が「自分の話し方はライトノベルみたいだといわれる」と言って、「『戯れ言遣い』のいーちゃんみたいだよね」「ハルヒキョンみたいだ」といろいろ喩えられはじめて笑った。
少なくとも誉め言葉でないと書いたが、「ライトノベルみたい」という形容詞はプラス方向にならないよなあ…。「話がライトノベルみたい」「絵がライトノベルみたい」…最初に「私はライトノベルという単語をプラス方向で使っています」という宣言が必要だ。
ここから思いついたのだが、自己内省というか、自己批評的、ミもフタもなくいえば、自分でつっこむ独り言モノローグはオタク作品でよく見かけられる。古くは押井守作品でよく見かけるし、代表的なのはメガネだ。戯れ言遣いシリーズのいーちゃんキョンはダウナー系で、『うる星やつら』のメガネはアッパー系。
「ちょっと違うキャラだけど鳥坂先輩もオタクだと多いよね。あれうざいんじゃないの?」
「他称鳥坂先輩はいいんだよ、自称鳥坂先輩が危険だ。鳥坂先輩に憧れようとするからタチが悪い」
メタ鳥坂先輩と真の鳥坂先輩を混同してますね。メタ鳥坂先輩がうざいんだ」
俺ルールを淡々と解説するのはよく見かける。なぜこの銘柄のタバコしか吸わないかということについて蘊蓄語るのがハードボイルドで、なぜこのグッズを買わないかということについて蘊蓄語るのがオタクハードボイルド。