ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

「分裂勘違い君劇場」の「休館」とは何だったのか?

新書風タイトル。

分裂勘違い君劇場 - 休館のお知らせ
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060511/1147302959
■休館のお知らせ
なんか飽きてきたので、この劇場の新規コンテンツ上映はしばらくお休みさせていただきます
(というか、また別の面白いことを見つけたので、しばらくはそっちで遊びます。)
気が向いたら再開することもあるかもしれませんので、そのときまた遊びに来ていただけると幸いです。
後ほど、過去ログ等を整理して、閲覧しやすくするなどの後処理はする予定です。
よろしくお願いします。

サイトをやめる宣言をしながら、更新する人を見かけると、何のためにこの人はそんな宣言をしたんだろうと不思議に思う人なので、調べてみた。
5/11に休館宣言をしたあと、朝日新聞稲葉振一郎氏に取り上げられ、記事に対する反応を書くために5/17に「分裂勘違い君劇場が目指したものとその舞台裏」(http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060517/1147867120)をアップ、5/22にいつものようにひっくり返すネタhttp://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060522/1148283722)を出す。5/24のあとは6/18まで更新がない。6/18のあとは7/26まで更新がない。こう見ると一ヶ月ぐらい休んで更新というスケジュールか。

分裂勘違い君劇場グループ - 劇場管理人のコメント
http://fromdusktildawn.g.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/

こちらの別館では、5/19〜23まで更新し、6/19に本館のフォローをする。7/16に更新があり、7/24にワーキングプアネタの記事(http://fromdusktildawn.g.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060724/1153746266)を更新する。こちらも本館と同じく一ヶ月ごとだ。
気になるのが、本館と別館の使い分けだ。ワーキングプアの話は本館でもよさそうだと思った。
で、自分の感想としては、「これって“休館”というより、“更新頻度が落ちます”じゃね?」だった。「休館」というと「更新停止宣言」に受け取れるし。