ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

今年前半のオタク大賞

今年も半分過ぎたのでオタク大賞的なものはどれだろうと考えてみた。

  • イノセンス
    • 押井映画としてかつてない大規模なプロモーションなどが話題に。そしてプロモーションの期待(興業収入50億!)ほどはまったく人気が出ず、制作費20億円を興行収入ではペイできず
    • 映画関係者にジャパニメーションブームってこんなもんなんだ…と見せつけてしまったアニメ
  • APPLESEED
    • 日本産のトゥーンシェーディングのアニメが劇場にかかった初のアニメとして話題に
  • CASSHERN
    • イデオン』のような展開に賛否両論。オタク映画なのにオタクに叩かれまくり、でも一般人気は結構あったという作品。そういう意味では去年のSEEDっぽい。
  • 鋼の錬金術師

2004年は大作アニメ映画が目白押しだ。この後も『スチームボーイ』『ハウルの動く城』がある。
放っておくとまたオタク大賞はアニメを軸に話を進めようとするので、本気でやるのならこの辺セーブすべし。

  • Fate / Stay night
    • 規模的には上のアニメ映画の方が上だが、こっちの方が今年前半のトップに感じる
  • CLANNAD
    • 6万本ぐらい売れたが盛り上がりが微妙だ

この後もエロゲーは『マブラヴオルナタティブ』『ToHeart2』『下級生2』など大作が控えているので、2004年はエロゲーの年か? 最後の輝きという気がしないでもないが…。個人的には『リアライズ』の微妙さが記憶に残った。

  • Pinky St:
    • 去年から売れてはいるが、出版物や村田蓮爾コラボなどの特注品の登場などがあったので
  • DEATH NOTE
    • 4月に出た1巻がもう100万部いったとか。そういうメジャーな漫画だけどオタ人気も高い感じがするので