ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

キヌガサの遊び方

友達の検索機能がないから不便という声の多いキヌガサだけど、ちょっと視点を変えてみないか?
探したい相手の趣味を考え、あの人ならこのグループ(mixiでいうコミュニティ)にいるのでは…?と推測して、相手を探すのだ。相手の趣味から考える、知的隠れんぼである! はてなmixiのように参加人数が多いグループを狙ってしまうと、すぐ当たってしまう確率が高いので、あえてそこを避けるとゲーム性が高まるぞ!
とゲーム雑誌文体で書いてみたものの、面倒なことには変わりませんね。
今のところ、キヌガサには毎日見る動機付け(インセンティブはこう言い換えろと頭のいい人が教えてくれました)がすごく少ない。「紹介合戦」が数少ない動機付けの一つになるのだけど、これの問題点は一人だけでは何もできないこと。最初に友達が少ない人でも楽しめる「何か」がないとつらそう。そういう意味ではmixiの「日記」というのは上手かった。
あと、細かい話だけど、異常に長い紹介文が入っていると、グループでの表示がすごく乱れるので、文字数制限とか何かあったほうがよさげ。