ARTIFACT@はてブロ

やっとログを移転しました

『座頭市』監督:北野武

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
下妻物語』を見てから、映画が見たい気分になり、見ようと思っていたけど見逃していた映画を借りてくる。
最初にびっくりしたのが、セリフのレベルが異常に小さくて、セリフが聞き取りづらい!*1 センタースピーカーのレベルを上げたけどやっぱりダメ。しょうがないので日本語字幕を出す。
殺陣のシーンは面白いんだけど、普通のシーンが退屈。字幕が出ているから、音声を無視しやすくなり、二倍速で見てしまった。
当時、面白いと評判になっていたから劇場で見ようかどうしようか悩んでいたけど、別に劇場で見たかったとは思うほどのものはなし。音響も凝った部分などはなく、よくなかったしなあ。鈴木慶一は嫌いでないんだけど、音楽がちょっと安っぽいと思ってしまった。
北野映画なら『この男、凶暴につき』が一番好きかも。

そういえば、レンタルした時『Deep Love』の映画のDVDを見かけた。公開したのはついこの間じゃなかったっけ?

*1:ファンの音が結構大きく(特に低音)、そのせいで聞きづらかったのかもしれない